« 自作PCのお手伝い | トップページ | KBF MK4 »

2019年4月29日 (月)

ヘッドホンアンプ

ヘッドホンアンプをやっとこさ買いました。HD650持っておいて今までアンプ持ってなかったんかい、とツッコミを受けそうですが。

これまでヘッドホン使用時はDAC、プリメインアンプ、Bluetoothまで全部入りのTEAC AI-301DAというアンプに繋いでいて聴いていました。このAI-301DAは、机に色々と物を置くのが嫌な自分にピッタリだと思い、デスクトップに置けていろいろデキるやつってことで購入したのですが、ヘッドホンアンプとしてはまあ…正直スカしたような音の感じで、早くヘッドホンアンプ買わなきゃなぁ…と思いつつはや2年。

そして先日、中華イヤホン界隈の人々が挙って推しているKBF MK4というセラーオリジナルの4BA中華イヤホンを買ったのですが(この話はまた後日)、開封直後にAI-301DAに挿して聴いたらすっぽ抜けたような音しかせず、何だこれ何が良いの…と思い愛用のスマホAndroid One X5(Quad DAC搭載)に挿したらしっかりいい音出してくれました。これまで買ってきた全価格帯の中華イヤホンでずば抜けて良い。
こんなこともあって、いい加減ヘッドホンアンプ買おう!となりました。というかX5は安いDAPなら不要なくらい駆動力もあるし音が良いんですよね…

話を戻して、今回購入したヘッドホンアンプはFiio K3です。DAC&ヘッドホンアンプの機能を持っています。

Simg_2755

DAPやポタアンで有名なFiioですが、K3は据え置きです。といっても超小型でタバコの箱より小さいです。駆動はUSBバスパワー、Type-Cでの接続です。もはやポタアンより小さい。
そして3.5mmアンバランスに加え2.5mmバランスも搭載です。小型なので流石に6.3mmは無いですが…1万ちょいで買えるのに優秀。

K3には同軸デジタルと光オーディオの出力も備わっており、プリメインアンプへの出力も可能。同軸デジタルでK3とAI-301DAを繋げます。ヘッドホン&イヤホンはK3で、スピーカーはAI-301DAでといった感じ。

Simg_2758 

超小型ということで、モニター台の下にカードリーダーと共に取り付けました。配線も表からは見えずスッキリ。
個人的に机の上に色々と置くのが嫌なので、こういう場所にも付けられる小さいK3を選んだというのもあります。

音は特に尖った特徴は無いですが、全域でくっきりクリアに鳴らしてくれます。価格から見ればこの解像度は素晴らしい。愛用のMK4の高域の伸びがより感じ取れ、聴いていて買ってよかったと思わせる音です。前面にゲインスイッチもあるため、インピーダンス300Ω・感度103dbのHD650も十分鳴らせます。
不満な点といえば、ヘッドホン接続時もラインアウトから音が出力されてしまう所でしょうか。これは他でも同じレビューが出ていますが、うっかりプリメインアンプのボリュームを上げたまま聴いてたら…夜は音漏れとかそういうレベルの問題じゃないですね(笑)

« 自作PCのお手伝い | トップページ | KBF MK4 »