« おかえり | トップページ | イヤホンケーブルを自作してみる »

2019年9月 7日 (土)

万能くん

星景を撮影するために所有しているK-70ですが、それに使用するレンズはというと…広角ズームのSIGMA 10-20mmとPENTAX DA50mmの2本しか無く、標準と望遠が全く無い状態。せめて標準ズームの1本くらいは欲しいから買おう…と思いつつはや半年(笑)いい加減購入することにしました。

なるべく安価で明るくて…という条件で探すと、選択肢となるのはSIGMA 17-50mm F2.8かSIGMA 17-70 F2.8-4 MACROのどちらか。中古がやたら安い純正の16-50 F2.8★もありますが、こちらは以前所有していて、描写が甘くあまり良いイメージが無いので今回はパス。
前者は全域でF2.8通しの明るい標準ズーム。3万でお釣りが来る価格で、コスパが高いと呼び声高いレンズです。後者はF値こそ変動するものの、テレ端70mmであること、そしてマクロ機能も付いている万能レンズであること。この2つで悩みましたが、今回は色々と使えそうな後者にすることに。

Simg_2998

程度の良さげな中古を見つけ、2万円で購入。サードパーティ製レンズで心配なピントも問題無し。(このレンズに関しては別売りのUSB DOCKで調整が効くのでそこまで心配することでもなさそう。)本体は光学系含め綺麗ですが、フードは傷多め。でもフードなんて傷つくものだし、中古なら正直どうでもいい。
ワイド端では開放F2.8で明るく撮影できるので、一応星景でも使用できます。アストロトレーサーと組み合わせれば余裕ですね。描写力も便利ズームと考えれば優秀で、開放でも十分使えます。周辺減光なども含め、1段絞れば尚良い写りです。

で、今回このレンズよりも安く、F2.8通しの17-50mmをあえて選ばずこのレンズを選んだ理由がマクロ機能。

Simgp0248
最短撮影距離が22cm、ワーキングディスタンスが5.52cmと、フードが被写体にぶつかるんじゃないのという位にかなり寄れます。簡易とはいいつつ、かなり本格的な物。

Simgp0280
愛用のKBF MK4を。小物の撮影などにも十分使用できます。

1本でなんでもこなせてしまう万能レンズ、このレンズがあることで今後K-70を使う機会も増えそうです。

« おかえり | トップページ | イヤホンケーブルを自作してみる »