« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月23日 (土)

今度はミラー

先日ブロアモーターのベアリングからの異音のため半年点検ついでに交換となったフリード。ブロアモーター取替後は現在のところ異音もせず、静かなエアコンに戻りました。
そもそもフリードのエアコンブロアモーター異音について触れていませんでしたが、異音に気付いたのが今月上旬の事。職場先輩方の協力のもと、リアドライブレコーダーの取り付けを行うために目的地へ向かい走行していた時でした。ふと信号で止まった際、グローブボックスの奥の方から「キュルキュルキュルキュル…」という音が連続的に発生しているのに気付き、エアコンの風量を下げてみると音も小さくなった事から、恐らくブロアモーターからの異音であろうと予測しました。
この異音、一般的な舗装路を60km/h程で走行中にもハッキリと聞こえ、スマホのマイクで録音してもはっきりと聞き取れることから、音はそれなりに大きいです。しかし始動直後などは比較的静かで、しばらく走行すると音が大きくなってくる様な感じ。

とりあえずブロアモーターに関しては当然交換で直ったのですが…今朝になって父から「右のミラーが開かん」と言われ、実際に動かしてみると確かに開かない状態。ただ、全く動かない訳ではなく20mmくらい開いた後に何かに引っかかって止まってしまっている感じで、モーターが死んでいるわけでは無さそう。
その後何度か動かすと完全に開くようにはなったものの、助手席側ミラーと比較して極端に開閉スピードが遅く、音も重たい。こうなるとアクチュエーターやギアの不具合を疑い、取り外して見てみたくなるところですが、まだメーカー保証内のため、下手に触れるよりもディーラーの判断を仰ぎ、結果的にはアクチュエーターを無償交換となりました。

2019年11月22日 (金)

はじめての2もーたーはいぶりっど

家車のフリードが半年点検&エアコンブロアモーター(おそらくベアリング)からの異音のため、ディーラーに預けることに。その代車として借りることとなったのが、ステップワゴン スパーダです。ステップワゴンというとL15Bターボを搭載するイメージが先に出てきますが、今回借りたのはハイブリッド車のRP5。いつもの代車は軽かフィットなので、まさか大きいのが来るとは。
これまで乗っていたGP5の1モータi-DCDとは違い、2.0LのI-MMDを搭載するRP5。新型フィット(多分GR3型になる)に搭載されるe:HEVと機構的には似たようなもので、この機会に2モーターハイブリッドがどんなものか乗ってみることに。

結論から言うと、I-MMD恐るべし。乗っていて気持ちいい。

I-MMDではミッションを搭載していないため殆どモーター走行になりますが、このレスポンスの素晴らしいこと。当然のことながらガソリン車とは全く違った挙動で、加速までにラグがあるCVT車の感覚でアクセルを踏むと一気にスピードが出ます。また有段式のi-DCDともまた違い、超なめらかな加速。普通に40km/hまで加速するだけで「あ、こいつ踏み込んだらヤバい車だな」と感じました。
RP5はミニバンなので自重が約1800kgと重いですが、アクセル踏み込んだら予想通りの凄まじい加速力。まさかミニバンでシートに押し付けられる感覚を味わうとは考えてもおらず、思わず「え゛っ」と声が出ました。ちなみに0-100加速は約7.5秒だそう。3.5Lクラスの大排気量ミニバンを運転している気分でした。

新型フィットに搭載されるのは1.5Lの小型版。排気量も車重も車体も全て違う車なので当然比較にはなりませんが、この気持ちよさをフィットで味わえるなら、素晴らしいと思う。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »