« 2019年12月 | トップページ

2020年1月

2020年1月26日 (日)

新型フィット契約へ

昨年6月末にGP5フィットハイブリッドを売り約7ヶ月が経ちました。もうそんなに経ったか…

車を売却したタイミングでは、これまでフィットが6年周期のモデルチェンジを繰り返しているということもあり、新型が11月頃に発表されると予想していました。その後11月発表がアナウンスされたので、1月くらいに乗れればなぁ…なんて思っていた所にまさかの電動パーキングブレーキの不具合による延期。ということで首をひもQ以上に長くしてに待っておりましたが、本日遂に正式契約してまいりました。
…といいますか、実は昨年末に車両の予約だけは済ませてあり、今日に手付金の支払い等を済ませ正式契約に至った、といった感じです。納車されるのは今の所3月上旬を予定。あと1ヶ月ちょい、この時間が一番楽しいんですよね。

001-2

この書類入れを見るのも家の車含めて4回目…最初に新車買った時程の感動は無いですね。(笑)
購入したのは予定通りハイブリッド車です。先代を購入した時同様に「燃費の良さでガソリン車との差額分の元を取ってやろう」なんていう気は全く無く、実用車で軽快な走りを求めてハイブリッドを選択しました。

新型フィットは全部で5タイプが設定されています。元々はスポーティーグレード的な物が欲しかったのですが、今回はそういったタイプはナシ。唯一それっぽいのはNESSですが、あえてHOMEを選択しました。
というのも、NESSの由来は ”フィットネス” のネスというダジャレ?であることからも判る通り、スポーティーというよりはアクティブ系のイメージ。ライムグリーンの差し色もあって「フィットネスで見かけるスタイルの良い美人なおねーさん」的な感じがします。LEDフォグや16インチアルミは標準装備なものの、先代のHYBRID Sのようなエアロも付いていないので、スポーティーグレードとは全く違うような。ただ、内装は安っぽさこそ感じないものの、全体がファブリック調で本革ステアもなし。ベースモデルのBASICに毛が生えた程度に感じました。

一方でHOMEはというと、こちらは名前の通り ”家のような快適空間” グレード。外装はフォグもアルミもエアロも無い、よくある実用車売れ筋モデル。その代わり内装は売れ筋モデルとは思えない程に豪華で、シートはコンビシートで、インパネ等もフェイクレザー仕様、本革ステアも標準装備。内装は明らかにHOMEの方が上です。
それに、NESSに標準装備のアルミが全く好みでないし、フォグはOPで付く。本革ステアは絶対欲しいということもあってHOMEを選びました。

カラーはルナシルバー・メタリック。オプションでモデューロエアロ(フロント・サイド・リア)とテールゲートスポーイラー、LEDフォグ、ユーロホーンを付けています。ホイールは標準が15インチ鉄チンなので、社外の16インチを入れます。

あの柴犬がモチーフの可愛い見た目の車にスポーティーさをプラスして、自分好みに仕上げていこうと思います。

2020年1月11日 (土)

アーム復活

昨年作ったIKEAのワークトップデスクを作った際、スピーカーとモニターを置くことができ、下にはデジタルアンプやキーボード、マウス等を収納出来るようなモニター台を自作しようと計画しました。
ただよく考えてみると、モニター台の奥行きが250mmだったとして、机の奥行きが650mmなので残りは400mm。正直何かの作業をするには狭いし、見た目的にも窮屈に感じるイメージ。そして致命的なのが、アンプの排熱に影響が出る事。こうなるとモニター台を置くメリットはあまり無いので、結局以前のようにモニターアームにすることに。そうすればモニターの下にスペースができるので、広々と使えます。

Sdscf3073

IKEAのワークトップは厚みもあり、重量級の自分が座っても平気な位頑丈なので、モニターアームもしっかりと取り付ける事が可能。
アームは以前使っていた物はすでに手放しているので、買い直し。今回もコスパの良さと頑丈さで定評のあるサンコーのモニターアームを選びました。以前は4軸式でしたが、今回はモニターを大きく動かす事も無いので3軸式にしました。
ダブルクランプで3,600円、この質でこれだけ実用的なら安いです。オマケに地震等の転倒防止策にもなるので、オススメ。

« 2019年12月 | トップページ