« 電源交換 | トップページ | 新型フィット契約へ »

2020年1月11日 (土)

アーム復活

昨年作ったIKEAのワークトップデスクを作った際、スピーカーとモニターを置くことができ、下にはデジタルアンプやキーボード、マウス等を収納出来るようなモニター台を自作しようと計画しました。
ただよく考えてみると、モニター台の奥行きが250mmだったとして、机の奥行きが650mmなので残りは400mm。正直何かの作業をするには狭いし、見た目的にも窮屈に感じるイメージ。そして致命的なのが、アンプの排熱に影響が出る事。こうなるとモニター台を置くメリットはあまり無いので、結局以前のようにモニターアームにすることに。そうすればモニターの下にスペースができるので、広々と使えます。

Sdscf3073

IKEAのワークトップは厚みもあり、重量級の自分が座っても平気な位頑丈なので、モニターアームもしっかりと取り付ける事が可能。
アームは以前使っていた物はすでに手放しているので、買い直し。今回もコスパの良さと頑丈さで定評のあるサンコーのモニターアームを選びました。以前は4軸式でしたが、今回はモニターを大きく動かす事も無いので3軸式にしました。
ダブルクランプで3,600円、この質でこれだけ実用的なら安いです。オマケに地震等の転倒防止策にもなるので、オススメ。

« 電源交換 | トップページ | 新型フィット契約へ »