« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月19日 (日)

黒耳

世の中コロナウイルスで外出自粛モードですが、こんな時に新車1ヶ月点検の時期となってしまいました。正直あまり外出はしたくないのですが、こればっかりは仕方ないのでディーラーへサッと預けてサッと受け取ってきました。納車されてからは快調に走り続けており、点検結果も異常なしです。
同時に、注文していたGRフィットのドアミラースカルキャップを受け取ってきました。先代同様、黒耳にしたいと思います。

キャップを取って付けるだけなので、10分もかからず終わる作業です。帰宅してサッと交換してしまいます。

Dscn0385_20200419172701  

先代GK/GP5型のスカルキャップと違い、車体側側面までキャップ部がありません。上手く掴めないので、手袋をして引っ張っても滑ってなかなか外れません。
画像の赤矢印あたりのキャップとドアミラーウィンカーレンズの間に養生をした内装剥がしを差し込み、手前に引くと簡単に外れました。
※形状が丸っこく映り込みが激しいので、画像は加工しています。

Dscn0391

爪は赤丸の位置にあります。一番車体側、右奥の爪は最後に引っかかったままになると思うので、隙間からマイナスドライバー等を入れて爪を外します。

さて、あとは黒のスカルキャップを付けて終わり…なのですが、自宅で撮った全体写真を貼るのはアレだし、いちいち写真撮るために出かける状況でもないので、そのうち日用品の買い出しでも行った際にまた撮ります。
シルバー車体に黒耳はかなり引き締まって見えます。純正のシャークフィンアンテナが黒なので、主張しすぎないアクセントになります。

◆使用パーツ

・キャップ,L 76251-TZA-J01ZJ ¥2,607
・キャップ,R 76201-TZA-J01ZJ ¥2,607
(共にNH731P クリスタルブラックパール)

2020年4月12日 (日)

新型フィットの強制充電と電動パーキングの設定

新型フィットが納車されて早いもので約1ヶ月半が経とうとしています。これまでの走行距離は約810kmといったところ。ただここ最近は外出自粛要請もあり、ほぼ乗れていないのが現状です。
燃費はライバルと言われるヤリスには及ばないものの、往復約60kmの距離を運転時に、ガソリン満タンスタートでメーター内の燃費計を確認した結果、29Km/Lという結果でした。勾配があまり無い場所を走行した事、道路自体が空いていた事もありますが、かなり良い結果だと思います。


話が少し逸れましたが、フィットの機能で気付いた点を2つほど。

まず、新型フィットになって先代と比較して無くなった(かと思っていた)機能が強制充電。もちろんハイブリッドモデルに限る話です。結論から言うと、強制充電は停止中にPレンジの状態でアクセルペダルを踏み続けると出来ます。

先代の場合、停止中にSモードスイッチを押下する事でエンジンを強制的に動かし、走行用バッテリーを充電することが出来ました。しかし新型になるとSモードスイッチは無く、ここ押せば充電できるよ!とパッと見でわかる物はありません。
しかし、停車中にバッテリーが3メモリしか無かった時に「アクセル踏みっぱなしにしたら充電できたりしないかな」とか思い立ち、何となくアクセルペダルを踏み続けていると、なんとエンジンが始動しました。いや、元々のバッテリー残量が少ないからたまたま勝手に充電したのでは?とも思いましたが、アクセルペダルを離すとエンジンが止まり、また踏み続けていると始動。メーター内のパワーフロー表示でしっかりと充電している事も確認し、数分でバッテリーゲージも満タンになりました。

ネット上の情報ではブレーキペダルとアクセルペダルを同時踏みするという情報が流れていますが、アクセルペダルのみで始動できます。一応同時踏みも試しましたが、これでも充電は可能です。また、アクセルベタ踏みであっても回転数はアイドリング程度で、思いっきり空ぶかしにはなりません。


2つ目に電動パーキングの設定。新型から採用された電動パーキングブレーキシステムですが、停止してPレンジにし、パワースイッチを押せば勝手に動作すると思っていたのですが、動作せず。もちろん手でスイッチを引けば動作しますが…
電動なら勝手に動作してくれた方が楽で便利で良いのに何で手動なの!とメーカーを批判する前に、取説をしっかり読みます。そしたら自動パーキングブレーキ機能がありました。ただし初期設定はOFFなので、設定が必要です。

設定方法は

・まずPレンジでブレーキを踏まず、パーキングブレーキスイッチを引き続ける。

・ピーピーピーと電子音が3回鳴るので手を離す

・3秒以内に再びパーキングブレーキスイッチを引き続ける

・ピーピーと2回鳴ればON、ピーが1回だとOFFに設定

これで自動パーキングブレーキが設定出来ます。ONにすれば停止後にPレンジにしてパワースイッチを押下すれば自動的にパーキングブレーキが動作します。

この機能がOFFに出来る理由は恐らく寒冷地でのブレーキ凍結対策等なのでしょうけど、標準設定はONでいいのでは…と思いました。

2020年4月 5日 (日)

白色は嫌だ

3月中旬くらいに行ったフィット弄りネタです。
新型フィットのマップランプ及びルームランプはLED仕様※となり、どちらも白色のLEDが採用されています。個人的に白色のLEDは目がチカチカするような刺激がありあまり好きではありません。そのため以前乗っていたGP5でも電球色のLEDに交換していました。ところが新型の場合は標準でLEDとなっているために、バルブのみを交換してすきな色味に…というのは出来なくなっています。
( ※ HOMEとBASICのみ、ナビ装着用スペシャルパッケージを装備した場合のみLED。オーディオレス仕様であれば電球タイプです。)

001-1

因みに純正のLEDルームランプユニットはコレ。中央にLEDユニットが装着されており、交換は出来ないタイプ。
しかしこのルームランプの形、先代フィットや現行フリード等に使われているT10タイプの物とほぼ一緒。どうやらT10バルブがLEDの基盤に変わっただけで、形状等はそのままのようです。

つまり、バルブ交換出来ないならランプユニットごと交換してしまえば、T10タイプのLEDバルブが付けられるのでは?ということで、T10バルブタイプのルームランプユニットを調達しました。新品だと2,000円以上した記憶があるので、中古でフリードの新車外し品を購入。

001-2_20200405161701

裏側のカプラーや配線を留めるフックの位置も一緒です。特に加工もせずポン付け出来ました。強いて言うならば、フィット純正の物と若干ベースの色が違います。フィット純正は明るいグレー、フリード純正は薄いベージュと言った感じです。言われなければわからないレベルの差です。
LEDは先代で使っていたプレートタイプのLEDを使用します。電球色で光量もあるため、気に入っています。

001-3

先代で見慣れたルームランプになりました。いかにも社外品付けてます感マシマシですが、そこは仕方なし。
点灯、ドアロックによる消灯等の動作も一通り確認して問題なしでした。参考にする際は自己責任で。

車内ランプ関係でもう一つ、ラゲッジランプのスイッチ無い問題です。
いい加減純正で付けてほしいラゲッジランプのスイッチ、新型でも残念ながら採用されず。純正状態ではテールゲートを開けている間はずっと光り続けてしまうので、先代と同じようにスイッチ付きのレンズに交換します。

001_20200405163401

先代ではアコード用レンズを使用しましたが、今回はストリーム等に使用されている物にしました。スイッチの色がグレーか白かの違いです。バルブはこちらも先代の物を流用。
・レンズCOMP. 34265-SFE-003 ¥1,169 (Amazonで購入)

というかAmazonの取り扱いでホンダの純正パーツって売っているんですね。マケプレかと思っていたらまさかのAmazon販売でした。

2020年4月 4日 (土)

自粛ですし

世間と休みがズレることは日常茶飯事なので、今週は3連休です。
コロナウイルスで外出自粛要請が出てる事もあり、家の中での暇つぶし…

Dscn0376

後輩に勧められたので勢いで購入してしまいました。あつまれ どうぶつの森!
コロナの影響もあってかパッケージ版を探すのが大変でした。やっぱりDL版ってなんか好きじゃない…

ちなみにどうぶつの森はこれまでプレイしたことが無く(アプリはあるけど)ニワカ未満です。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »