« 白色は嫌だ | トップページ | 黒耳 »

2020年4月12日 (日)

新型フィットの強制充電と電動パーキングの設定

新型フィットが納車されて早いもので約1ヶ月半が経とうとしています。これまでの走行距離は約810kmといったところ。ただここ最近は外出自粛要請もあり、ほぼ乗れていないのが現状です。
燃費はライバルと言われるヤリスには及ばないものの、往復約60kmの距離を運転時に、ガソリン満タンスタートでメーター内の燃費計を確認した結果、29Km/Lという結果でした。勾配があまり無い場所を走行した事、道路自体が空いていた事もありますが、かなり良い結果だと思います。


話が少し逸れましたが、フィットの機能で気付いた点を2つほど。

まず、新型フィットになって先代と比較して無くなった(かと思っていた)機能が強制充電。もちろんハイブリッドモデルに限る話です。結論から言うと、強制充電は停止中にPレンジの状態でアクセルペダルを踏み続けると出来ます。

先代の場合、停止中にSモードスイッチを押下する事でエンジンを強制的に動かし、走行用バッテリーを充電することが出来ました。しかし新型になるとSモードスイッチは無く、ここ押せば充電できるよ!とパッと見でわかる物はありません。
しかし、停車中にバッテリーが3メモリしか無かった時に「アクセル踏みっぱなしにしたら充電できたりしないかな」とか思い立ち、何となくアクセルペダルを踏み続けていると、なんとエンジンが始動しました。いや、元々のバッテリー残量が少ないからたまたま勝手に充電したのでは?とも思いましたが、アクセルペダルを離すとエンジンが止まり、また踏み続けていると始動。メーター内のパワーフロー表示でしっかりと充電している事も確認し、数分でバッテリーゲージも満タンになりました。

ネット上の情報ではブレーキペダルとアクセルペダルを同時踏みするという情報が流れていますが、アクセルペダルのみで始動できます。一応同時踏みも試しましたが、これでも充電は可能です。また、アクセルベタ踏みであっても回転数はアイドリング程度で、思いっきり空ぶかしにはなりません。


2つ目に電動パーキングの設定。新型から採用された電動パーキングブレーキシステムですが、停止してPレンジにし、パワースイッチを押せば勝手に動作すると思っていたのですが、動作せず。もちろん手でスイッチを引けば動作しますが…
電動なら勝手に動作してくれた方が楽で便利で良いのに何で手動なの!とメーカーを批判する前に、取説をしっかり読みます。そしたら自動パーキングブレーキ機能がありました。ただし初期設定はOFFなので、設定が必要です。

設定方法は

・まずPレンジでブレーキを踏まず、パーキングブレーキスイッチを引き続ける。

・ピーピーピーと電子音が3回鳴るので手を離す

・3秒以内に再びパーキングブレーキスイッチを引き続ける

・ピーピーと2回鳴ればON、ピーが1回だとOFFに設定

これで自動パーキングブレーキが設定出来ます。ONにすれば停止後にPレンジにしてパワースイッチを押下すれば自動的にパーキングブレーキが動作します。

この機能がOFFに出来る理由は恐らく寒冷地でのブレーキ凍結対策等なのでしょうけど、標準設定はONでいいのでは…と思いました。

« 白色は嫌だ | トップページ | 黒耳 »